アートフレームを買った仕訳と勘定科目


応接室の雰囲気を明るくするためにアートフレームを買った場合の仕訳と勘定科目。

取引内容

アートフレーム 5,000円

スポンサーリンク

アートフレームを買った仕訳と勘定科目

借方   貸方
消耗品費 5,000円 現金 5,000円

オフィスや応接などの雰囲気を明るくするためのアートフレームは消耗品費で仕訳します。税込10万円を超えるような高額なアートフレームは工具器具備品として資産計上して減価償却します。さらに高額な、例えば、有名画家が描いたアートフレームで将来的に価値が目減りしない様な美術品は減価償却できません。詳しくは税務署又は顧問税理士にご相談ください。


スポンサーリンク


関連記事

仕訳王オススメ

  1. 仕訳がわかる、財務諸表が分析できるようになる等、経理実務で役立つ資格をまとめていきます。 (さらに&…
  2. 2014年ごろからクラウド版の会計ソフトがリリースされていますが、このクラウド会計ソフトのメリットデ…

勘定科目や取引内容などで検索するとサイト内の仕訳が見つかります。キーワード検索なので短いキーワードで検索した方がより多くのページがヒットします。

Amazonキャンペーン等



ビジネス向けの特別価格や数量割引が多数の商品に適用♪

スポンサーリンク




事務便利グッズなど

  1. 仕事効率がアップする!Amazonベストセラー1位の常連

    睡眠改善サプリというと少し怪しく聞こえますが、Amazonベストセラーでよく1位になっている人気商品…

注意事項

仕訳王ではその支払いが経費になるという前提で仕訳と勘定科目について最も妥当なものをまとめています。経費性の有無について不安がある場合は、税理士や税務署等にご相談下さい。
経費になるか否かは支払内容や事業内容によって異なり、一概に「○○だったら経費になる!」というわけではありません。

会計ソフトの評判等

ページ上部へ戻る